Honya Club.com MoMA STORE ロフトネットストア Kojima.net(コジマネット) ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

ボールサインiDプラスのノックが渋いときの対処法

今日、ボールサインiDプラスを使おうとしたら、リフィルが飛び出して引っかかったようになりました。

f:id:digistill:20211107191627j:plain

上の写真のようにペン先がちょっと飛び出しすぎた状態で固定されました。

ペン先を少し押すと通常の位置に戻りますが、今度はペン先をしまおうとしたときにまた同じように引っかかってしまいました。

色々観察していたら、どうやらリフィルの先端が口金の内部に当たってはまり込んでいるような状態であることがわかりました。

f:id:digistill:20211107191839j:plain

口金内部の隙間がギリギリすぎるんでしょう。

ほんのわずかに干渉しているだけなので、上のあたりを削っても良さそうですが、面倒なので、グリスを塗ることにしました。

すると、ノックボタンを押し込むとリフィル先端がググっと口金内部に干渉する感じはわかりますが引っかかることは無くなりました。

軽くノックするとリフィルがはまり込む部分までは行かないようですが、少し力を入れるとはまり込む部分まで動くような設計になっています。なので力を入れ気味にしてノックすると、ノック感が2回感じられます。2回目のノック感があるところで、リフィルが口金に干渉しているようです。

グリスはリフィルに少しだけ付けましたが、本体側にも付着すると思うので、しばらくは大丈夫でしょう。

このグッとハマった部分でリフィルが固定されるような設計なら、ユニボールワンFのようにリフィルのガタ付きは抑えられると思いますが、不思議なことに正常な筆記位置では干渉する位置にないようです。

こういうちょっとしたところをどれだけ詰められるか使用感に大きな差を与えることがあります。

Digistillへの連絡はこちらから