油性ボールペン

パイロット レックスグリップ ボールペン 1.2, 1.6

パイロットのレックスグリップの1.2と1.6を買ってきました。 レックスグリップは100円のノック式ボールペンです。おそらく最もポピュラーなタイプのボールペンだと思います。 アクロインキの一番大きなボール径は1.0で、1.2、1.6はラインナップにありません…

コスパ良すぎ パイロット オプト スターダスト(再購入)

オプトはカーボンを既に持っていますが、レフィルの固定が甘くなってしまって、レフィルが少し動くようになってしまいました。 そういうわけで再購入しました。今回の柄はスターダストです。 オプトは10万回挟んでも壊れない可動式のリフトクリップを実装し…

パイロット アクロ300

アクロ300のリフィルを0.7にしたくてもう一本買ってきました。カラーによっては最初から0.7のものもありますが、購入したのはクリアブラックです。クリアブラックは初期芯が0.5なので、別途0.7と参考までに1.0のリフィルを購入してみました。 左:クリアブル…

油性ボールペンの思い出

高校のころ、ノートを取る時にはシャープペンシルを使っていました。ただ、自宅で勉強をする時には油性ボールペンを使うことが多いでした。当時、物理の先生のところに行くと、ミスプリントや余ったプリントの束をいくらでももらうことができました。紙はい…

パイロット 2020年限定 コクーンボールペン フリーダムブルーはコストパフォーマンス抜群のボールペンだった

コクーンはパイロットから発売されている筆記具のシリーズで、万年筆、シャープペンシル、ボールペンがあります。 コクーンというのは繭という意味です。ペンの外形が繭をモチーフにしているというわけです。 今回購入したのはアクロインキを搭載する回転繰…

抜群の安定感 パイロット クーペ(アクロインキボールペン)

ここ数日、S20を使っていて、アクロインクの黒々としたヌラヌラのインクが気に入りました。 特に目的もなくロフトに入り、ボールペンコーナーを見ていたら、パイロットのクーペが目につきました。これまで特に気にしたこともないボールペンでしたが、手にし…

Digistillへの連絡はこちらから