Honya Club.com MoMA STORE ロフトネットストア Kojima.net(コジマネット) ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

クルトガ アドバンスの芯選び

0.7 mmなどの太めの芯のシャープペンシルは芯が減りにくいので、やわらかめの芯が使いやすいです。試しにクルトガ アドバンス0.7に手持ちのBや2Bの芯を入れて使ってみたところ、使い勝手がいまいちでした。芯の減りが早くて、理想的に尖らないのです。

0.5のクルトガにはクルトガ専用芯が入っているんだと思いますが、0.7には専用芯がありません。デフォルトの芯はHBがほとんどだと思うので、ナノダイヤの0.7ではないかと思い、買ってきました。

f:id:digistill:20181223204505j:plain

芯の表面形状がよく似ており、実際に書いてみても同じように感じました。しばらく書いてみても、上手に尖っていたので、これをアドバンス用として使っていこうと思います。

ところで、フォトショップを使ってクルトガの削れた芯の画像から、筆記角度を求めてみました。

f:id:digistill:20181223204700j:plain

結果は、57.5度でした。おおよそ60度ですね。先日の計算は45度で計算しましたが、60度で計算すると、アドバンスを使った時の線の太さは約0.4 mmとなります。

参考までに、公式というほどのものでもないですが、芯の直径がd、筆記角がa度の場合のクルトガの理想的な筆記線の幅wの式を書いておきます。

w = d / (2・sin(a))

Python的に書くとこうなります。

w = d / (2 * math.sin(math.radians(a)))

三菱鉛筆 シャープペン芯 ナノダイヤ 0.7 HB 10個 U07202NDHB
 

 

Digistillへの連絡はこちらから