Honya Club.com MoMA STORE ロフトネットストア Kojima.net(コジマネット) ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

自己修復する特殊なトップコートを初採用「ジェットストリーム プライム 回転繰り出し式シングル 限定」

ジェットストリーム プライム 回転繰り出し式シングルの限定色を買ってきました。

f:id:digistill:20191103193849j:plain

こんな箱に入ってます。

f:id:digistill:20191103200419j:plain

金属部分はブロンズカラーのチタンコーティングです。色はノーブルブラウン、ノーブルネイビー、ノーブルブラックがあるのですが、チタンコーティングとの相性を考えてノーブルブラウンにしました。

ジェットストリーム プライム 回転繰り出し式シングルは定価3000円で、ネットだと2500円ほどで購入できます。今回の限定色は定価5000円です。

5000円はちょっと高いかなと思ったのですが、「すり傷がつきにくい自己修復性のある塗装」というのがどういうものか気になったので買ってみました。

自己修復系の塗料にはいろんな種類のものがあり、自動車などに使われているものもあります。今も高分子系の材料でいろんなものが出てきています。今日、立ち読みした雑誌には、東大の伊藤耕三先生のポリロタキサン(一般向けにはスライドマテリアルと言っているようです)やこれまた東大の相田卓三先生の自己修復性ガラスが紹介されていました。ポリロタキサンはシクロデキストリンとポリエチレングリコールの水溶液を混ぜるだけでできるのですが、緩い架橋構造を作れるので、おもしろい特性を持っています。自己修復性のガラスの発表を見た時、そんなのは未加硫ゴムでは普通の挙動だと思ったのですが、この材料のすごいのはタック性による粘着でくっ付くわけじゃない点です。

このボールペンに使われているのも、高分子系の材料だろうと予想していたのですが、触ってみるとそんな感じです。ただ、実際はなんなのかよくわかりません。塗装の表面はテカテカなんですが、薄い透明な樹脂が乗っているような感じです。ラバー塗装ほどのグリップ性はありませんが、適度なグリップ性があります。このグリップ感は独特ですごく秀逸です。買う前からなんとなく予想してたのですが、ほぼ想像通りでした。雰囲気としては極薄のデスクマットといえば近いかもしれません。擦り傷が消えるというより、そもそも擦り傷がつきにくいような感じがします。ジェットストリームの4+1ウッドのラバー塗装のように経年劣化によって剥げる可能性もあると思いますが、それも含めてどんな風に変化するか観察していこうと思います。4+1ウッドは時間経過とともに見事にボロボロになりました。

ジェットストリームプライム回転繰り出し式は、実用性の高いプチ高級ボールペンといったイメージです。何万円もするようなボールペンは怖くて気軽に使えなそうですが、1万円以下なら実用品として使いつぶせます。

細部を見てみましょう。

f:id:digistill:20191103200521j:plain

軸はラメっぽい塗装に透明なトップコートが塗装されています。

口金の上には黒い艶消しの領域があり、その上に金属のリングがあります。最初、ノーマルのプライム回転繰り出し式を見たときに違和感があったのがこの部分です。黒い艶消しの部分はグリップではありません。わたしは比較的シンプルなデザインを好むのでこういう意味不明な装飾があまり好きではありません。パーカー とかにも似たようなモチーフのペンがあるので、ペンのデザインとしてはあり得るのかもしれません。それに加えて、これがないデザインを想像すると、なんとなく物足りないような気もします。なにか合理的な理由があるんでしょうか。書き味はいいものの、なんとなくこの部分が気になって、買うところまで行きませんでした。

その他の金属部分もチタンコーティングされています。

f:id:digistill:20191103200719j:plain

クリップはよくできていて程よくしなります。

また、先端の形状がいいのでポケットやペンケースに収める際もスムーズです。根っこの幅も大きく取ってあるので、厚めのものでも挟めます。

f:id:digistill:20191104090922j:image

リフィルはG2規格のSXR-600-05で、太さは0.5ですが0.38や0.7も同一規格ですから入ると思います。いわゆるパーカータイプですので、好みでいろんなリフィルを使うことができます。

f:id:digistill:20191103200831j:plain

重心は真ん中よりちょっと上です。

重量は30.3グラム(実測)で結構重量感があります。

回転繰り出しは適度なトルクがあり、滑らかで、最後にはソフトなクリック感があります。限定じゃないやつはサンプルを出してあるショップも多いと思うので、実際に触って確かめることができると思います。

ジェットストリームはペン先が滑りすぎるのでちょっと書きにくいと感じることがあるのですが、0.5以下なら滑りが抑制されている感じがします。それに加え、軸の重量のおかげで筆記感はすごく滑らかです。ペン先のグラつきもほとんど気になりません。

チタンコーティングや自己修復性塗装に興味がなければ、ノーマルで十分高級感はあります。

ジェットストリーム プライム 回転繰り出し式シングルは油性ボールペンが到達したひとつのゴールと言ってもいい出来だと思います。

SXR-600リフィルの青があれば言うことないのですが。

 

Digistillへの連絡はこちらから