ボールペンの先端カチャカチャにはグリスを塗るといい

先日、アルファゲルスイッチの内部にグリスを塗ることで、カチャカチャ音が軽減することを書きました。

先端が若干カチャカチャするのはノック式のボールペンの宿命です。手持ちのボールペンの中で特にカチャカチャ音が気になるのがパーカーのジョッターです。

f:id:digistill:20220310222057j:plain

限定柄でお気に入りの一本で、たまに出張に持って行ったりしますが、いかんせん、カチャカチャ音が大きくて長時間使うのはしんどいです。

ふと、思いつきでリフィルの先端にグリスを塗ってみました。

f:id:digistill:20220310222215j:plain

上の写真は塗布後ですが、ノックして露出する部分のグリスを拭き取ると特に気になりません。

筆記してみてびっくりしました。

嘘みたいに音が出ません。

これまではPPテープを巻いたりして音を消す場合がありましたが、これからはまずグリスの塗布を試そうと思います。

これは大発見。

グラフギア初め、カチャカチャが気になるペンにいくつか塗ってみましたが、どれもある程度の効果が確認できました。もちろん、ガタツキがなくなるとか、完全無音になるわけではないです。なんというか、薄いクッションが入ることで音がマイルドになるかほとんど消えるといった感じです。

Digistillへの連絡はこちらから