Honya Club.com MoMA STORE ロフトネットストア Kojima.net(コジマネット) ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

これは使いやすい! パイロットS5 0.9

少し前から気になっていたシャープペンシルを入手しました。

パイロットのS5です。

S3はお気に入りのシャープペンシルのひとつです。S5の存在はずいぶん前から知っていました。S3と比べた時、S5のラバーグリップはかっこが悪く、あまり興味がありませんでした。しかし、改めて店頭で握ってみると、その握りやすさにピキーンと来ました。

f:id:digistill:20190111211026j:plain

上がS5、下がS3です。重量は実測でS5が11.2 g、S3が10.9 gでした。芯を入れっぱなしで計測したので、空重量は若干軽いかもしれません。まぁ、どっちも約11 gってところです。

f:id:digistill:20190111211226j:plain

長いラバーグリップが特徴的です。分解するとこんな感じです。

f:id:digistill:20190111211306j:plain

ラバー自体は柔らかいのですが、薄いのでプニプニした感じではありません。横に9本の溝が入っており、縦には3本の分割した溝があります。太さはS3とほぼ同じで細めです。このフィット感はやばいです。がっつり書く場合にはグラフ1000などよりいいと思います。いろんなシャープペンシルを持っていますが、S5のグリップが1番いいです。絶妙です。デザインだけで毛嫌いしていたのを後悔しました。

S3にはない芯の高度表示窓があります。

f:id:digistill:20190111211844j:plain

太さは0.9を選びました。0.9は緑の軸色しかありません。芯は純正パイロットの2Bに入れ替えてみました。

f:id:digistill:20190111212129j:plain

ネオックスグラファイトです。

0.9 mmの芯は太いので書き心地がなめらかです。太めなので、芯の減りもそれほど早くなく、2Bでも頻繁にノックする必要はありません。0.9のシャープペンシルといえば、プレスマンがお気に入りですが、今後はS5の出番が増えると思います。

ところで、手持ちの0.7以上のいわゆる太芯シャープペンシルを集めてみました。

f:id:digistill:20190111212541j:plain

太芯シャープペンシル

上から、

<0.7>

ぺんてる グラフ1000

プラチナ プロユース07

<0.9>

プラチナ プレスマン

ぺんてる グラフ1000

ぺんてる P209

パイロット S5

<1.3>

コクヨ 鉛筆シャープ

<2.0>

伊東屋 ヘルベチカ

ステッドラー マルステクニコ(芯ホルダー)

ステッドラー 925 25-20

北星鉛筆 大人の鉛筆

uni 芯ホルダー

太芯シャープペンシルはなめらかな筆記感や折れにくい芯が魅力的です。メモ書きやアイディア出しなどに向いています。筆圧を低くしたり、芯の角を使ったりすれば細い線も書けるので、意外と使い勝手は悪くありません。

パイロット シャープ替え芯 ネオックス・グラファイト 0.9mm 2B HRF9G-20-2B 10本
 

今日、仕事中に車を運転していたら、対向車線から車が2台、ものすごい勢いで突っ込んできました。うぉっ?!と思ったら、自分の車の後ろをかすめ、キキーッ、ガッシャーンと縁石と建物に突っ込んで行きました。

今のはやばかったなと思い、戻ってみたら、一台は縁石で足回りが破損して、もう一台は、建物ではなく、駐車中の軽自動車に突っ込んでいました。そっちは二台とも大破。合計3台の事故。1秒遅かったら、間違いなく突っ込まれていたと思います。横っ腹だったら、ちょっとやばかったと思います。)

Digistillへの連絡はこちらから