Honya Club.com MoMA STORE ロフトネットストア Kojima.net(コジマネット) ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

ユニボール シグノ 0.38, 0.5, 1.0を比較してみた

ユニボール シグノは0.38を使っています。しかし、それ以外の太さは使ったことがありません。そこで0.5と1.0を試してみることにしました。ユニボール シグノには0.28もありますが、0.38以上に細いのは使いませんので評価に加えていません。

下の写真は上から0.38, 0.5, 1.0です。0.38と0.5の違いはクリップの色です。0.38は青ですが、0.5はクリアな青です。1.0はなんとなく似ていますが、ペンのデザインが根本的に違います。

f:id:digistill:20201114180248j:plain

少しわかりにくいですが、1.0は軸が少し長いです。上の写真を見ると、キャップをポストすると0.38, 0.5よりも短くなります。また、ポストする際に0.38, 0.5はカチッというクリック感がありますが、1.0はただキャップを棒に差しているといった感じで、クリック感はありません。

f:id:digistill:20201114181053j:plain

グリップ付近もちょっと違います。

f:id:digistill:20201114181311j:plain

0.38, 0.5は軸とラバーグリップの間に段差がほとんどありませんが、1.0には結構段差があります。わたしの握り方だと筆記時に当たる部分ではないので、気になりません。

ラバーグリップのデザインも少し違います。0.38, 0.5には小さなくぼみが施されていますが、1.0のグリップの表面には意匠がありません。ラバーの質感は似ています。

ペン先を少し観察してみましょう。

f:id:digistill:20201114181320j:plain

1.0のボールの大きさが際立ちます。

筆記線を較べてみましょう。

f:id:digistill:20201114181808j:plain

f:id:digistill:20201114182347j:plain

いずれも明確に太さの違いがわかります。

0.5は0.38よりも太いですがいわゆる普通のゲルボールペンの筆記線といった感じで違和感はありません。0.38よりも滑らかで書きやすいです。0.5はインクの出もよく、控えめにいって最高です。これ使ったらもう他のペンは使えないかも・・という気にすらなります。

1.0はまさにヌメヌメした筆記感です。インクもたっぷり出てきます。インクジェットプリンターが壊れてしまっているので、年賀状のあて名書きに使おうと思ってます。ノートとかだとちょっと太すぎると思いますが、アイディア出しには良さそうです。

f:id:digistill:20201114182325j:plain

 

三菱鉛筆 ゲルボールペン ユニボール シグノ 0.38 黒 UM151.24

三菱鉛筆 ゲルボールペン ユニボール シグノ 0.38 黒 UM151.24

  • 発売日: 1996/01/01
  • メディア: オフィス用品
 

 

Digistillへの連絡はこちらから