Honya Club.com MoMA STORE ロフトネットストア Kojima.net(コジマネット) ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

キヤノン G6030を買った

少し前にインクジェットプリンターが壊れました。ちょうど6年前に購入したキヤノンのMG7530です。突然エラーコードが出て、うんともすんとも言わなくなりました。

まるまる1セット分のインクが残っていたのでめちゃくちゃもったいないです・・・

digistill.hatenablog.com

プリンターはなきゃないでよさそうなものなんですが、年賀状とかコピーとかなきゃないで不便です。

MG7530はそこそこ気に入っていたんですが、なんといってもインクが高い!高いから印刷するのを躊躇するんですよね。

そういうわけで、今回はいろいろ迷ったんですが、きれいさよりもランニングコスト重視で4色インクタイプ、さらに大容量インクタイプの機種を選びました。

会社には業務用のレーザープリンターがあるのですが、わたしの部署では基本的にブラザーのビジネス向けのインクジェットを使うようにしています。もう1年くらい使っているのですが、画質や使い勝手には全く不満がありません。よっぽど重要な提出書類とかなら別ですが、普段、会社内で活用するだけならインクジェットで全く問題がありません。むしろバカ高いトナーを使って、ちょっとした書類を印刷するのはちょっと無駄です。無駄を考えるなら紙に印刷しないのが一番いいんでしょうけど、パソコンの画面だと書き込みもできませんし、一覧性も悪いので、読む効率が極端に落ちてしまいます。わたしはある程度の量のある読むべきドキュメントは印刷して読む派です。そのくせ手元には最小限のドキュメントしか紙では残しません。それもペーパーレスの為というより、利便性の為です。会社のインクジェットプリンターは電源も入れっぱなしですが、トラブルなく使っています。写真を本格的に印刷しないなら、こういうプリンターがいいかも、とはずっと思っていたんです。本格的な写真はさすがに厳しいですが、写真を普通紙に印刷しても普通に写真として出力はされます。

G6030は2019年6月6日発売なので最新の機種ではありません。在宅ワークの需要があるのか値段も全然下がっていません。

ビジネス用途向けなので、見た目も割とそっけないです。大きいのかなと思っていたんですが、設置面積はG7530より小さいです。

f:id:digistill:20201124232130j:plain

色は今年出た新色の白にしました。

このプリンターはインクを直接プリンターに入れるタイプです。ブラックが一本で6000枚、カラーは7700枚印刷できます。びっくりなのはブラックのインクが2本も付属しています。

f:id:digistill:20201124232250j:plain

さらにヘッドも交換できるのでインク詰まりしても安心です。

早速試し刷りしてみましょう。

ちなみに、Windows10、Big SurにアップデートしたMac、iPhoneからのダイレクト印刷など、問題なくできました。

まずはチラシ。上がチラシで下がコピーです。

f:id:digistill:20201124232755j:plain

十分な画質です。

次はウェブサイトの印刷。後ろからエコノミー、標準、高画質です。色がちょっと濃くなってくるかなって感じですが、大差はない気がします。

f:id:digistill:20201124232902j:plain

モノクロのテストプリントを少し拡大してみます。

f:id:digistill:20201124232958j:plain

このくらい印刷できれば十分です。

光沢紙に写真を印刷してみましたが、黒の締まりがちょっと悪い感じがしますし、4色インクなので粒状感もありますが、そこそこ普通に写真です。今はネットプリントが安いのでそういうサービスを活用したほうがいいと思います。

 コストコの安い普通紙を使って、ガンガン活用していきたいと思います!

自宅にガンガン印刷できる環境があるっていうのは、いいですね。新しいMacも来週には来るし、これからが楽しみです。

 

Digistillへの連絡はこちらから