Honya Club.com MoMA STORE ロフトネットストア Kojima.net(コジマネット) ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

究極のなめらかさ パイロット カスタムヘリテイジ912 WA(ウェーバリー)

4月14日に本通りの多山文具でペンクリニックが開催されました。

 

digistill.hatenablog.com

 

その時、試し書きさせてもらったカスタム743、カスタムヘリテイジ912のWAがすごく書きやすいと感じたのでをカスタムヘリテイジ912のWAを購入することにしました。743は15号のペン先を実装しており、ペンも少し大型です。実用的には742とかカスタムヘリテイジ912で十分と言われ、実際そう思います。残念ながら1万円前後であるカスタム74クラスの万年筆にWAはありません。ですから、WA狙いで安価に済まそうとすると、カスタムヘリテイジ912かカスタム742を選択することになります。

店頭在庫がなく、いったん入荷後、修理扱いで調整をし、納品するという段取りとなりました。ゴールデンウィーク前後のお届けになると聞いていたのですが、今日、店頭に届いたとの連絡を受けました。

マツダスタジアムでカープ対阪神戦を見てから、本通りの多山文具に行き、受け取ってきました。

f:id:digistill:20180430003213j:plain

カスタムヘリテイジ912は10号ニブを実装するベスト型の万年筆です。ペン先はロジウムメッキがなされており、金属パーツもすべて銀色となっています。バランス型でいうとカスタム742と同一クラスの万年筆になります。

セーラーでいうとちょうどプロフィット21と同一クラスになります。

↓左から、カスタム74、カスタムヘリテイジ912、プロフィット21

f:id:digistill:20180430003220j:plain

ペン先の形状はちょっと違いますが、ニブの大きさはプロフィット21と同じくらいです。

↓上がカスタムヘリテイジ912、下がプロフィット21

f:id:digistill:20180430003233j:plain

先ほども書きましたが、上のカスタムヘリテイジ912がベスト型で、下のプロフィット21がバランス型と言われている形状となります。

f:id:digistill:20180430003215j:plain

ベスト型はキャップと軸の端面が平坦になっているのが特徴です。また、クリップもパイロットの玉が付いたタイプではなく、普通のクリップとなっています。

筆記時には若干カスタムヘリテイジ912の方が長くなるようです。キャップをしたときはプロフィット21の方が長いです。重量はどちらも25グラムですが、カスタムヘリテイジ912の方が若干リアヘビーに感じます。太さもよく似ていますが、書く時の感じは結構違います。

インクは月夜にしました。早速書いてみると、試し書きした時とほぼ同様の滑らかさが感じられました。

通常の筆圧の線幅を比較してみます。

f:id:digistill:20180430003229j:plain

上の写真の一番下は結構筆圧を込めて書いた例です。

スチールペンとの比較になりますが、WAはMと同じくらいの太さです。筆圧を抜くともう少し細い線も書けます。

筆記角度や筆圧による線幅の動きは少なめですが、筆記時のペン先の開きを観察すると、軽く筆圧を掛けるとペン先が開く様子が確認できます。ペン重量だけで筆記できるくらいのペン先の開きにしてもらいましたので、ほとんど筆圧を掛けることなく線を引くことも可能です。フローは適度に抑えられています。パイロットらしさを残した調整になっていると思います。試筆した743よりも線は細めです。指定した通りに調整されているので、大したものです。

しばらく筆記してみました。

f:id:digistill:20180430003241j:plain

6 mm罫線のノートにも書いてみましたが、まったく問題なく書けます。通常筆記なら、Fよりもこのくらいの太さの方が長時間の筆記が楽だと思います。ほんとに小さく書きたいときや手帳などへの書き込みにはFがいいと思います。

手持ちの万年筆で一番滑らかさを感じられるのはTWSBIのMですが、カスタムヘリテイジ912WAは少し書きごたえのある調整になっています。紙の繊維に引っかかる感じは一切なく、紙の表面粗度を手先に感じるような調整です。MDコットンだと少しザラザラした感じを受けますが、マルマンのニーモシネだと、ヌメヌメとした滑らかさを感じます。ロディアだとその中間くらい。紙が平滑すぎると書き味が良すぎて、おもしろみに欠けるとすら思えます。

筆記していて不安定な感じや、気に入らない点は今のところ全くと言ってないです。

この書き味を支えるのは、独特な形状のニブです。

f:id:digistill:20180430010925j:plain

ペン先が若干反っているのがわかるでしょう。この角度のため、少しペンを寝かせて書いた時のような状態が保てるのです。持つ角度による筆記線の太さの変化はほとんどありません(垂直に近くすれば細くなりますが)。また、FA(フォルカン)などと違い、筆圧による筆記線の幅の変化は最小限です。通常筆記時の筆圧内ならほとんど変化がないと言っていいくらいです。しなりや線幅の変化を楽しむような万年筆ではないです。

ちなみに、細字設定のWAというのは存在しません。

 

パイロット万年筆 カスタム ヘリテイジ912 ブラック ウェーバリー(WA) FKVH-2MR-B-WA

パイロット万年筆 カスタム ヘリテイジ912 ブラック ウェーバリー(WA) FKVH-2MR-B-WA

 

 

Digistillへの連絡はこちらから