Honya Club.com MoMA STORE ロフトネットストア Kojima.net(コジマネット) ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

ニトムズ スタロジー014 シャープペンシル

以前、スタロジーの油性ボールペンのことを書きましたが、今日は、シャープペンシルを買ってきました。

f:id:digistill:20200607222637j:plain

f:id:digistill:20200607222655j:plain

f:id:digistill:20200607222851j:plain

芯径は0.5 mmで、ダブルノック式です。口金は一般筆記用ですね。

ボールペンと並べてみましょう。

f:id:digistill:20200607223137j:plain

そっくりです。

f:id:digistill:20200607223209j:plain

特徴的なのは最初からクリップがないことです。転がり対策などはありません。丸軸なのでひたすらコロコロ転がります。

メカはこんな感じです。

f:id:digistill:20200607223349j:plain

口金にシャープユニットをねじ込むちょっと変わったタイプの構成になっています。ロットリングのシャープペンシルがこのような設計になっています。

重心は低く、全体がラバー素材なので、グリップ感も良好です。ボールペンもそうなのですが、スタロジーのペンは低重心ながら尻軸側にも重量が集まっているので、独特の安定感があります。軸径はぴったり10 mmで程よい太さだと思います。

筆記時のガタツキなどはなく、書き心地もいいです。パッケージには明記はされていませんが、芯クッション機能が実装されています。ウェブサイトではこの機能について、ちゃんと明記されているようです。

若干、キャップと軸がぶつかる音がするので、気になる場合は、テープを巻くなどの対策が必要です。3MのPPテープを2,3巻したら音はしなくなりました。

このシャープペンシル、地味ながら、一般筆記用としての完成度は非常に高いです。グラフ1000とかスマッシュより書きやすいかも。

同じ売り場にスタロジーのマルチペンも売っていました。0.5 mmタイプだったのでかわなかったのですが、0.7 mmタイプはちょっと欲しいと思っています。普通、マルチペンのシャープペンシルは0.5 mmの場合が多いんですが、スタロジーのマルチペンはボールペンが0.7 mmだとシャープペンシルも0.7 mmなんです。シャーボで0.7 mmシャープユニットは使っていますが、デフォルトで0.7 mmのシャープユニットが実装されているペンというのは聞いたことがありません。

 

 

 

ニトムズ STALOGY 多機能ペン 低粘度油性 0.7mm ブラック S5706

ニトムズ STALOGY 多機能ペン 低粘度油性 0.7mm ブラック S5706

  • 発売日: 2018/02/22
  • メディア: オフィス用品
 

 

Digistillへの連絡はこちらから