読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

文房具

プラチナ PRO-USE07

PRO-USE171というシャーペンが発売されたので店頭で見てみた。 プラチナ万年筆ニュースリリース なかなかかっこいいと思ったんだけど、以前から発売されているPRO-USE07というシャーペンを手に取ってみたところ、なかなかいい感じだったので、今回はこっちを…

トラベラーズノートをシュークリーナーできれいにしてみた

コロンブスのシュークリーナー、コロンブス500でトラベラーズノートを拭いてみた。 クリーナーを拭きとった後は指でラナパーを薄く塗り、コストコのキッチンペーパーで余分なワックスを拭きとった。最後に何となくシルコット(濡れティッシュ)で拭いてみた…

広島市中区白島の文房具・雑貨ショップ「ミネット」に行ってきた

つくしペンケースが売っているということで以前から行ってみたいと思っていた「ミネット」に行ってきた。わざわざ行ったわけではなく、降りる駅を一駅間違ってしまって、乗りなおすのもしゃくだったので、歩いて広島駅に向かっている途中でミネットの存在を…

トラベラーズノートメンテナンス(ラナパーを使って)

トラベラーズファクトリーで買ってきたラナパー。 5 mlということでほんのちょっとだ。下の写真は1,2回スポンジで取った後。 さっそく、トラベラーズノートの革にラナパーを塗ってみた。2冊塗ってもワックスはほとんど減った感じはない。数十回分はあるんじ…

トラベラーズファクトリー(東京駅)に行ってきた

東京駅の地下にある先月オープンしたばかりのトラベラーズファクトリーに行ってきた。 いろんなグッズがおいてあり、見るだけでも楽しめる。東京駅限定のトラベラーズノートも置いてあった。 買い物をするとこんな感じの袋に入れてもらえる。手提げ袋も要り…

最近よく使っているペン ぺんてる トラディオプラマン

最近は新しい文房具を買ってなくて、新しいネタはない。物欲や興味には波があるから、そのうち欲しいものが出てくるだろう。 とはいうものの、所有している文房具への愛は変わらない。 よく使うペンも時期によって異なる。今よく使っているのは、ときどき出…

海外出張のお供はトラベラーズノートで

手帳をトラベラーズノートにしたため、海外出張のお供はトラベラーズノート一冊でオッケーになった。ポケットに入れてちょっとしたメモを書くのにパスポートサイズのトラベラーズノートも使っている。筆記具はマルチエイトとスーパーマルチエイト。ボールペ…

マルチエイトを使うときの注意点

マルチエイトを使うようになってから、多色ボールペンをあまり使わなくなった。ペンの色で色分けするよりも、マルチエイトを使ってアンダーラインを引いたり、囲んだりしたほうが目立つのだ。 特に本を読むときのアンダーラインにはボールペンよりもマルチエ…

トラベラーズノート

最近、新しく文房具を買っていないので、新しいネタはない。 手帳をトラベラーズノートに移行してからほぼひと月が経とうとしている。普段メインで使うのは、月間ブロックと週間バーチカルなので、ジブン手帳でもトラベラーズノートでも機能に大きな差は感じ…

オレンズネロが修理から帰ってきた

だいぶ時間が掛ったが、オレンズネロ 0.2 mmが修理から帰ってきた。(しかし、購入証明のために預けていた購入時のレシートが帰ってこなかった・・・) 今回は無償修理ということだった。結論から言うと、若干症状は軽くなったものの、筆記時にペン先が少し…

トラベラーズノートの手帳を使い始めて4日が経過した

月間ブロックと週間を併用するスタイルが割としっくりくる。週間部分は週間レフトでもいいし、バーチカルでもいい。基本的には週間レフトの方が細かい情報を付記できるが、バーチカルの方が細かくスケジュールを把握することができる。 月間ブロックの方には…

トラベラーズノートをメインの手帳にしてみた

ジブン手帳を使い始めて5か月。特に大きな不満もなく、普通に使えている。 普段、ジブン手帳とトラベラーズノート、トラベラーズノートパスポートサイズの3冊を持ち歩いてるんだけど、ちょっとかさ張る。そこで、トラベラーズノートに月間フリーのリフィル…

ぺんてる トラディオ プラマン

比較的長く愛用しているペンのひとつが、ぺんてるのトラディオ プラマンだ。プラマンというのはおそらくプラスチック万年筆の略だと思われる。ペンのカテゴリーとしては、いわゆる水性マーカーだ。 ペン先は独特な形状の硬質の繊維質な樹脂でできている。 pe…

サンスター文具 デルデ

水性カラーペンとゲルボールペンが一気に増えたため、新しい筆入れを調達することにした。大容量かつペン立てのように立つ筆入れといえば、サンスター文具のデルデだ。 コクヨのネオクリッツも持っているんだけど、ネオクリッツはあまり多くのペンが入らない…

ゼブラ サラサクリップ

マインドマップではイラストも重要な要素のひとつだ。上手に描く必要はないとはいえ、わかる程度には描けた方がいい。イラストとかは得意じゃないけど、いくつか描けるものはある。そういうのって何かの挿絵のマネをして模写して覚えたものだ。そこで頻度の…

マルマン クロッキーブック

マインドマップを一度ちゃんと勉強したいと思い、トニー・ブザンの「新版 ザ・マインドマップ」を月曜日に新宿の紀伊国屋書店本店で購入した。 新版 ザ・マインドマップ(R) 作者: トニー・ブザン,バリー・ブザン,近田美季子 出版社/メーカー: ダイヤモンド社…

マルチ8は想像以上に利用価値が高い

手帳には多色ボールペンを使って書き込んでいる。 青が仕事 赤が重要な事項 緑がプライベート 黒が記録や補助情報 しかし、何度も書いているようにあくまでも目安であって、シャープペンシルで書いたり、プライベートを青で書いたり、仕事を黒で書いたりもす…

ぺんてる マルチ8

前から欲しかった「ぺんてる マルチ8」を入手した。買ったのは替え芯と芯削りのセットだ。 マルチ8は簡単に言えば、8種類の芯が一本のペンに入った芯ホルダーだ。 ペンの後端のクリップを回して出したい色に合わせ、ノックを押すと芯が先端から飛び出してく…

ペーパークリップ CLIPPIE

今日、とあるオーディションに行ったんだけど、そこでもらった資料が見たことのないクリップで留められていた。よく見ると、CLIPPIEと書いてある。初めて見たんだけど、これがなんともすぐれものなのだ。 www.bumpodo.co.jp どんな感じなのかは公式の動画を…

筆箱の中身

リヒトラブ ペンケース A7551-24を使い始めてからしばらくたつが、これは本当に使いやすい。 日々少しずつ変わるけど、今日の状態を撮影してみた。 もうなんていうかどこの小学生ですかって感じが満載か? 当然、こんなに筆記具を持ち歩いても全部使うわけで…

3本目のオレンズネロ!

3本目のオレンズネロがやってきた! 締めて9720円。 3日待てなかっただけだけど、後悔してない!3本目の0.2はしばらくそのままとっておこう。(;^ω^) オレンズネロだけど、レビューや感想をチェックしていると、書きやすいという感想が多い。しかし、…

オレンズネロはいい感じだけど、欠点がないわけではない

万年筆を使うようになってから筆記角が小さくなり、筆圧が低くなった。 オレンズネロが最強だからって、万年筆のような筆記角で書くと、筆圧がパイプに取られて線が弱くなる。イメージ的には下の図のような感じだ。 ペンを若干立て気味に書くと割と心地よく…

ぺんてる オレンズネロ 0.2

今週か来週には予約していたオレンズネロ0.2が来るはずなんだけど、どうしても早く使ってみたくてLOFTで買ってきた。 結論から言うと、自分の場合、書き心地はオレンズメタルリミテッド0.2の方がいいと思う。 オレンズは偏減りが進むとパイプが邪魔にな…

Ain STEIN 0.3 2Bをオレンズネロ用に買ってみた

オレンズネロは本当に画期的なシャープペンシルだ。 これまでのオレンズはパイプはフリーに近い状態で駆動力はなく、一度引っ込んだパイプはそのままだ。その挙動のおかげで筆記時の摩擦によりパイプが適度に引っ込むので、芯は若干飛び出した状態となる。 …

トラベラーズノート パスポートサイズ 005軽量紙

パスポートサイズのトラベラーズノートはテンポラリーなメモ用に活用している。パスポートサイズには月間と週間フリーの手帳リフィルを挟んでいるんだけど、2種類の手帳を使い分けるほど器用じゃないので、結局使ってなくて、外した。 テンポラリーなメモの…

ぺんてる オレンズネロ 0.3

オレンズネロの0.2はすでに近所の書店に注文済みなんだけど、その店舗自体には入荷はなく系列の大型店に入荷したのを転送してくるらしい。世間的には今週末くらいが発売開始なので、早ければ来週中くらいには来るかな。 でも、いち早くオレンズネロを使いた…

速報 オレンズネロ確保!

先ほどオレンズネロの0.3を確保した! これで予約してる0.2は気長に待てる。 詳細はまた後ほど。

リヒトラブ ペンケース ブックタイプ

リヒトラブ ペンケース ブックタイプ、なかなか探しても実物と遭遇できなかったんだけど、今日、広島駅の近くのフタバ図書で見つけることができた。アマゾンで安く購入できるのは知っていたんだけど、実物を見て買いたかったし、実店舗で見つけて、その勢い…

ノーマディックのペンケース

ネオクリッツはすっかり会社の机の上でペン立てになっている。 最近持ち運んでいるのはノーマディックのペンケースだ。同型のペンケースはあるが、布っぽい素材のものはもうないようだ。 このペンケースはボタンを外すとペンが差せるようになっていて、ペン…

ポストイットにはサインペンがよく似合う

75×75 mmサイズのポストイットは自宅の机にも会社の机にも常に置いてある。思いついたことやメモ、TODO、伝言など、テンポラリーな情報を書きつけるのにこれほど便利な道具はない。ちゃっちゃっと書いて、ペタッと貼り付け、あとは焼くなり煮るなりするだけ…

オレンズ0.2の真価は折れないことに非ず

オレンズは基本的に折れない。 ただ、何時いかなる時でも折れないかというとそんなことはない。不安定な状態で書き、思わずものすごい鋭角で紙とペン先がこすれたりすると、想定以上に芯が露出してしまい、その状態で筆記するとポキッと折れる。芯が露出する…

オレンズ0.2は0.175 mmで書いている

オレンズは芯を出さずに書くシャープペンシルなので芯が折れない。でも、ホントは芯を出さずに書けるわけがないわけで、実際どのくらい出ているのか計算してみた。 とはいっても、前置きとして、下の図のような感じだったらという話だ。実物はスリーブの角が…

ダイソー ペンケース(白)

ペン立て(といっても綿棒が入ってた樹脂の容器)に収まらないペンが散乱し始めたのでダイソーでペンケースを買ってきた。GIRLS'TREND 研究所とダイソーのコラボ商品らしい。そのせいかLOVE LOVE LOVEって文字が入ってるんだけど、むしろ要らないなぁ・・・…

ぺんてる サインペン

あまりにも普通の定番文房具があるが、その中の一つがぺんてるのサインペンだろう。 手帳の出張期間を矢印で大胆に引っ張ったり、アイディア出しやメモ等、太くはっきりとした文字を書くときに便利なペンだ。特に付箋紙に書くときは目立っていい。 ぺんてる …

お気に入りのシャープペンシル

シャープペンシルと一言で言ってもいろんな性質のものがあって、どれがベストとは決めきれない。下の写真にはないが、ZOOM707や大人の鉛筆、925 25-20、プレスマン等は一般筆記用のシャープペンシルのカテゴリとして論ずるのが難しい。 一般筆記用とは何かと…

オレンズの線の太さ

オレンズ 0.2 mmを回転させずに書いたときの線の太さをクルトガ 0.5 mmの線の太さと比較してみた。 比較したといっても、計算上の話。 クルトガを45°傾けて筆記した場合、線の太さは0.25×√(2) mm。 オレンズを回転させずに45°傾けて筆記した場合、線の太さは…

オレンズ リミテッド 0.2 mm

ここ数年、新型の折れない系のシャープペンシルが市場に出回っているが、まだ一本も持っていない(プレスマン除く)。 オレンズネロの外観と機能が気に入って、注文しているんだけど、今日、市内の書店をぶらぶらしていたら、オレンズのリミテッドエディショ…

ステッドラー900 25は補助軸として使うにはもったいない

鉛筆の味に目覚めて、最近は鉛筆ばっかり使っているんだけど、その中でも出動頻度が多いのがステッドラーの900 25だ。 少し太めのローレットが手になじみすぎてすごく書き心地がいいのだ。また程よい重量があるため、鉛筆の摩擦振動が手に伝わりにくく、なめ…

オレンズネロ

今日の朝、こういう記事を見た。 digital-camera.jp 0.2 mmの芯が折れにくいシャーペンというものにはあまり興味がなかったんだけど、このデザインには何か心惹かれるものがあった。真っ黒で重そうで無骨で決してスマートなカッコよさはない。ああこれは、あ…

トラベラーズノート パスポートサイズ

1月30日から今日までの、タイ、カンボジア出張でもトラベラーズノートは大活躍だった。旅に必要な情報や書類、パスポートなどをすべて入れているので、何かあってもとりあえずトラベラーズノートを持ってくれば手続きできるようになっている。 実は、カンボ…

リーガルパッドに合う筆記具

リーガルパッドはお手軽なメモ帳としてよく使っている。 リーガルパッドはその性質上、一時的なメモやアイディア出しに使うことが多い。これまでいろんな筆記具を試してきたが、一番良く合う筆記具は鉛筆ではないかと思う。粗い紙質に鉛筆でシャリシャリ書く…

トラベラーズノートにブラスペンシルを取り付けた

ペンホルダーのMが届いたので、トラベラーズノートにブラスペンシルを取り付けてみた。多色ペンも持ち歩きたいのでSは外さずに、Mを背面側に追加した形だ。 下の写真を見ると、ブラスペンシルを固定するために作られたかのような寸法だ。 ペンケースMにはそ…

ミドリ ブラスペンシル用のリフィル

ブラスペンシル用のリフィルが届いた。 中身は鉛筆3本、消しゴム2個。 ミドリ ブラス ペンシル リフィル 出版社/メーカー: ミドリ メディア: オフィス用品 この商品を含むブログを見る

無印良品 ポリプロピレンペンケース(横型) 大

鉛筆が増えてきたので鉛筆専用の筆入れとして無印良品のポリプロピレンペンケース(横型)大を買ってきた。 鉛筆を敷き詰めて、その上に消しゴムを乗せても閉まる。鉛筆だったら二段くらい積み上げても問題なさそう。 新品の鉛筆(消しゴムなし)の場合、キ…

ゼムクリップとブックダーツ

トラベラーズノートのクラフトファイルは便利なんだけど、万が一の落下防止のためにゼムクリップでドキュメントを固定することにした。ノートを閉じておけば、紙が落ちるということはまずないだろうけど、空港などで立ちながら開いたとき、ふとした瞬間に落…

思えば丸軸鉛筆って一般的じゃない

ブラスペンシルには丸軸の鉛筆が使われている。純正の高いリフィルを毎回使わなくても、丸軸の鉛筆を切って使えばいい。そう思っていたのだが、調べてみると、丸軸の鉛筆って色鉛筆くらいしか見当たらない。 そういえば色鉛筆ってなんで丸軸なんだろう。 色…

トラベラーズノートとジブン手帳の二冊使い

ジブン手帳は手帳として結構使いやすい。しかし、トラベラーズノートを組み合わせるようになってから、自由度が一気に増した。 トラベラーズノートの役割はまさに旅のお供と考えたことやライフログ的なことを書くことだ。eチケットや保険の書類、パスポート…

トラベラーズノートにはブラス製品がよく似合う

今日は神戸に出張だったので帰りに一度行ってみたかったナガサワ文具センターに行ってきた。 目的はミドリのブラスペンシルだ。トラベラーズノートの紙質が鉛筆とよく合うので少し前からブラスペンシルが気になっていたのだ。 ナガサワ文具センターには初め…

トラベラーズノートと900 25のいい関係

先日購入した900 25を2日ほど意識して使っているんだけど、すごく使い勝手がいい。グリップの太さが適度に太く、ローレットが抜群の安定感を生み出している。また、鉛筆の程よい太さがソフトな書き味をもたらしており、筆記時にすごく気持ちがいい。 特にト…

鉛筆いろいろ

ステッドラーの900 25に鉛筆を付けたいがために、安い鉛筆を買ってきた。もったいないけど、切って使うためだ。 切って使ったのはコンビニで買ったトンボの8900。 昔ながらの鉛筆で、自分が小学生の頃にはすでにあった。それもそのはず、発売は1945年という…